マンドラゴラな気分

ゲームがあれば楽しい人生

【Vagante】ゲーム実況動画【マンドラゴラ夫婦が行く!最終回】

【Vagante】ゲーム実況動画【マンドラゴラ夫婦が行く!最終回】

こんにちは。あおです。

今回でVaganteのゲーム実況が最終回を迎えました。

youtu.be


↓Vagante動画のマイリスト

Vagante - YouTube

  Vaganteの実況動画は最終回を迎えましたが、

これからも実況動画を投稿していこうと思っていますので、もしお暇があればチェックしてみてくださいね!

編集をしてみての感想

今回の動画は、

初めて動画を最後まで編集をして

初めてyoutubeに投稿をした

思い入れのあるものとなりました。

元々そんなに長いゲームでもなかったので、動画の数も少なく終わった感じがします。

終わってみて思うのは『編集しやすかった』です。

Vaganteが編集しやすい理由

推測するに

  • 区切りが細かく点々と存在する。
  • クリアまでの時間が短い(慣れれば2、3時間程度)
  • ボスを倒すまでの暇な時間が少ない。

等が上げられます。

何故、上記のことが揃うと編集し易くなるかというと、1~4面、それぞれ3ステージずつステージがあり、ほどほどに見せ場があり、区切りがつけやすかったところにあります。

今、別のゲームの編集に取り掛かっているのですが、ジャンルが【オープンワールドサバイバルゲーム】というもので、区切りというものがあまり存在しません。

Vaganteとは違い拠点を構えたり、装備を整えたりするなど、自由度が高いことから時間が掛かります。

ですから、どこで動画をいったん区切るのかは編集する人に委ねられるといった感じです。

また、Vaganteとは違い、オープンワールドサバイバルゲームとなると、ゲーム実況的に言えば無駄なことをしている時間が多いです。

ゲームをしている側からしたら自由度が高いのはとても楽しいのですが…。

編集側から見た無駄な時間

例えばなんですが、家を建てようとすると素材や道具が必要となります。

それを集めている時間というのは、多くの視聴者にとっては【暇な時間】となるかと思います。

動画を編集してる側としても、何も喋っていない動画というのは退屈に感じます。

そこを切り取っていくとなんとまぁ、2時間は撮っていた動画が10分程度まで短縮されました!

撮っていた側としては『まじか…』といった感じです。

ゲームをしていた時は楽しかったはずなのに、見返してみると意外にも楽しい部分が少ないのです。

もちろん、何もない場面でも面白いトークができる実況者、面白いことができるなら使える部分も多いと思います。

それでも仮に1人(匹?)のボスまでの動画として、何時間もかかるのを知っている側から見たら、有名実況者の動画も相当削られてるのが分かります。

それも【準備する時間】というものが存在するからです。

家を建てるのも、武器の強化も容易なものではありません。

それを動画にすると、あらよっとと数分で作ってしまうのです!

視聴者側は『面白い部分だけ見ている』ということですね。

 こういった視点も、編集をしてみて分かったことです。

編集は苦痛だったか?

色々と話がずれてしまいましたが、結論から言うと動画編集は楽しいです。

元々物作りが好きということもあると思いますが、不格好でも出来上がった物を見ると嬉しくなります。

また、見て貰えることもモチベーションに繋がります。

正直まだ見てくれる人は全然いないのですが、幸いにも旦那のそらじいちゃんと始めたことなので、動画を見て貰うことができます。

とてもありがたく感じます。

また、作ってみることで色んな視点から見れるようになったのもうれしい部分ですね。

 

少し長くなってしまいましたが、長々と読んでくださりありがとうございました。