マンドラゴラな気分

ゲームがあれば楽しい人生

だらけた日々

あおです。お久しぶりです。

 

youtu.be

 

おい!前の投稿から三か月経ってんじゃねぇか!!教えはどうしたんだ教えは!!

 

あと、マイクラパート2を投稿してから1か月以上経っています…だめぽ

突然、最近の話になりますが、投稿さぼってる間Youtubeを欲望が赴くまま見ていたら見るものがなくなりました

これが俗にいう「Youtube見つくしたわ~」ってやつなんでしょうね。

ところがどっこい、自分、気に入ってもなかなかユーザーお気に入りに入れないので

前まで見ていた動画すら埋もれていく始末。

あれ?見るもの無くなってなくね?

 

これどういったことかというと

見るものはあるはずなのに、見つけることが難しくなるって状態です。

TOPに出てこなくなったら見ませんし、そもそも動画があることもわかりません。しりません。

検索しても大手が牛耳っているので、視聴率弱小者はどこかで主張をしないと誰にも見つけもされなくなるんだなと。

 

よくよく考えてみると、google検索などの検索エンジンに似てるなと思いました。

あれってユーザー数とサイトの質が高いと上位に表示されるようになります。

なので、検索して上位に来ているサイトというのは信頼性がとても高くなります。

Youtubeも同じで、視聴率が高ければ自然と検索の上位に入ってきます。

 

で、Youtubeのタチが悪い所がそれが数件しか出ないってところですね。

google検索でもここまで酷くないと思いますよ?

だって、検索してワードがヒットすればページのどこかしらに出てくるんですから。結果的に検索数膨大ですけど

大手はどこかで宣伝をしなくても、検索上位に出てくる、TOPに出てくる、登録者がいるので動画を投稿すれば自然と数字が増えていくというわけです。

しかし、弱小はこの仕様によって有名どころでいえばtwitterinstagram、もしくはその他SNSでもユーザーを獲得していかないとYoutubeが伸びないという。

あとついでに飛びぬけて面白くて話題にならないときついです。

現状、Youtubeだけで伸ばしていこうとしたら相当大変だと思います。

 

たまに出たばかりの人が話題になったりしますが、最近でいうとサロメお嬢様ですかね。

パッと見ると投稿したての実況者が急に伸びたように見えますが、わかる人にはわかりますが、あれブランド背負ってます

にじさんじとか、ホロライブはVの大手事務所ですからね。

日本のコンビニで言えば大手がセブンイレブン、弱小が地方でしか知られてないコンビニのまたその中で運営してるコンビニみたいな。

弱小はなんか狭い路地通ってたらコンビニみたいなのがあった~♡な状態ですね。

 

それは置いといて

一般素人から見て、大まかにサロメお嬢様の伸びた要因は

・大手事務所からの発信

・特徴のある実況(お嬢様・語尾に「ですわ~」など)

・視聴者の求めるコンテンツが一致(しゃべり、ゲーム実況が面白いなど)

・持続して質の高いコンテンツ投稿している

位ですかね?ほかにももっとありそう。

大手事務所からの発信はもう全国ネットワークのテレビCMと一緒です。

Twitterで「こんな商品でましたよ~!」といえば何百何千人の人がRTしてくれますからね。RT、あれは宣伝です。クチコミと一緒。

なので、弱小は(事務所入るのを除いて)大手の真似してもあんな初っ端から爆発的にユーザーが増えるなんてそうそうないと思います。

 

じゃあ、弱者はどうしたらいいかって、そりゃ、コツコツ真似事するしかないですよね。それが一番の近道かと。

例えばさっきのを例に出すと

・大手からの発信SNSを始める等

・特徴のある実況←語尾に「〇〇なのだ~(某ずんだもん風)」を付けるとか

・視聴者の求めるコンテンツが一致←面白い動画の真似をする(まんまパクるとトロールが押し寄せてくるので注意)

・持続して質の高いコンテンツ投稿している←すげーむずかしい

こう並べると、ずぼらだとかなりキッツいですね。

今から多くの人に見てもらうには茨の道ってことですね。

私はもう既に今の文字数の時点でくじけてます。俺馬鹿だからよぉ…

というか、簡単に並べただけで、まだまだ出てくるんだろうなと思うと気が遠くなります。私一般ピーポーなので。許して。

 

長々と書いてしまいましたが、最近はだらだらYoutubeを見ながらこんな感じのことを考えてました。

というか、何が一番に言いたかったというとちゃんと投稿しようぜってことですわ。

質が低くても高くても、持続力を養わないとどうにもならないんですわ。(関西弁風

というわけで、ブログ投稿はちゃんとしようね。(戒め

 

それではまた次回に!